黒沼-劇場
くろぬま-げきじょう

Txt
2003.4.
(管理人記述)


03/06/30

新宿の花園神社へ新宿梁山泊第29回公演「唐版・風の又三郎」のテント公演をS氏と同僚のN君と見に行く。S氏はある局のチーフ・ディレクターをされている。
平日の夜なのに満員である。途中休憩を2回入れてパワー溢れる芝居の終了は22時半近くであった。

黒沼氏も芝居を観に来ていた。
芝居がハネた後、いつになく饒舌な黒沼氏は若い劇団員に次々と愛情ある駄目だしをしていた。
23時も過ぎ手を振って去っていく馴染みのお客さん達。
再び情熱が沸き上がって来るのを感じた。

03/05/28

早めの昼食を食べて12時30分過ぎに徒歩で阿佐ヶ谷へ出発。
ハンディーGPSを駆使して前回よりさらに早い1時間50分で到着した。

駅前の西友にてレトルトカレーとスパゲッティーを購入。T君と待ち合わせて黒沼氏宅へ。
黒沼氏、楽天の懸賞市場に興味を示す。ユーザー登録しようと自分のアドレスを
メモを見ながら一文字づつ打ち込み出す。アドレスは単語登録してあるのを
すっかり忘れている。いかにPCを使ってないかバレバレ。

じゃあもっと身近にPCを使うようにと最終兵器であるファイル共有ソフトのWinnyをDLする。
これが入っていればイヤでもPCを毎日立ち上げる事になるだろうと考えたのだが
ポート警告が出てファイルDLが始まらない。T君がいろいろ設定を変更するが
結局ADSLのモデムの関係でIPを固定しなければ駄目なのが判明。
もし不具合が発生した時、黒沼氏個人では対処出来ないので泣く泣く削除した。

そして定番「やきとりの川奈」へ移動。「黒沼-劇場」コチラの事情で1ヶ月更新を休んだが
黒沼氏のDiaryも1ヶ月しっかりとカキコ無し。少々黒沼氏に愚痴を垂れる。
で新しいコンテンツを話し始めるが場は混沌と・・・。
この状況を撮影始めたのがコンテンツのVol19である。「閉鎖」について黒沼氏が
語ったのはあの時が始めてである。以降どうなったかはHP見て貰えれば宜しいかと。

お店内にはアルバイトの韓国女子が何時も一人いるのだが本日はさらに一人増えていた。
日本語が未だ片言で焼き鳥注文したら塩でなくタレで上がってきた。
機会があれば 100問してみたいと思う。黒沼氏も乗り気であった。

03/04/29

今日は黒沼氏の出演する「アングラ刑事(でか)」の撮影が小田急の新百合ヶ丘である。
前日の28日午後に富山から戻った黒沼氏は休む間もなく午後6時から梁山泊の稽古場で
大久保鷹氏や原昇氏と3時間みっちり稽古をしたらしい。
監督は黒沼氏の友人でもある森達也氏。3台のカメラでおよそ10分のシーンを一気に撮影する。
狭い室内にはカメラ3台とCSテレビの取材カメラも入っていたのでこちらは外で待機。
富山行きで少々疲れていたので早々に辞去する。

帰りの小田急で「成城学園前駅」が地下になっていたのに吃驚。その昔登戸に住んでいたが
当時は地上駅であった。20年も経てば駅も地下に潜るわな。。。

午後6時にはup完了。「おなかの人」T君とホルモン焼きを食いに行く。魚三昧だったので
8種ホルモン盛合せを黙々と食う。「ドンキホーテ」に寄っていく「おなかの人」と別れて自室に戻り
明日の税理士打ち合わせの資料を作ろうとしたが眠くなったので10時30分に就寝する。

03/04/27

朝7時に起床。ここ二週間毎朝朝食前に90分ほど散歩をしている。
ここ富山でも一万歩めざして歩き出す。中心街のすぐ横を神通川が流れており
下流に向かって8千歩ほど歩く。

9時50分より「花形・番外編」の撮影。富山港線で岩瀬浜へ。
日本海らしい暗雲バックの波ドバーを撮りたかったが当日は快晴で海も凪いでいたので
急遽「密航船」ネタに切り替える。
町中に戻って市電に乗り市内随一の商店街に。そろそろ昼飯時間なのだが
黒沼氏が美味そうなラーメン屋を発見。看板が気に入ったらしく「名店の匂いがする」のお言葉。
中華そば大盛り\530を頼む。黒沼氏は「美味い美味い」を連発するが
この値段にしてこの味ならマア一重○、かな。。。
で野良猫の居そうな場所を歩き回るがチラホラとは見かける程度。
結局諦め早々にホテルに戻る。

2時間ほどの休憩(こちらはノートPCでコンテンツの編集)の後、
公演場所であるマリエビル前にて撮影。
そして「ポプコーンの降る街」の上演の撮影。
水樹氏はまったく勘づいておらず黒沼氏の登場に吃驚、であった。

公演後劇団の打ち上げに参加させて頂く。黒沼氏は今日の公演に強く心打たれたようで
熱弁を振るわれる。普通こういった熱弁の後は瞬時に座は拍手拍手になるのだが
皆さん真剣に黒沼氏の言葉を心に受け留めているらしくピクリともしない。
東京では考えられない良い雰囲気であった。

座長の照井さん達が地方劇団の難しさを吐露すると黒沼氏、T君が
演劇論交えて励ましていた。
こちらは演劇は部外者なので普段になく熱弁振るう両者に感心しきりであった。

11時過ぎにお開きとなり水樹さん達は黒沼氏との別れを惜しみつつ別れた。
今回の富山行きは大成功であった。


03/04/26

12時20分東京発の上越新幹線で富山へ出発。
メンバーは黒沼氏と「おなかの人」Tナレーターと三人。
「黒沼-劇場」立ち上げ当初からBBSに頻繁にカキコしてくれる富山在住の
水樹沙耶さんを訪ねる旅である。
彼女は「劇団ひだりうちわ」に所属していて丁度27日に公演がある。
驚かす意味も含めて水樹さんには知らせずに突然舞台終了後黒沼氏が花束持って
参上する、と言う寸法である。

午後4時前に富山到着。さすがに気温は低い。駅前のホテルにチェックイン。
一泊税サ込みで\5500の安さ。さすがに部屋はメチャ狭ではあったが。

17時過ぎ富山の海の幸に舌鼓を打とうと外へ繰り出す。
「劇団ひだりうちわ」の座長さんである照井氏には今回の件は伝えてあったので今まで
何回かメールのやりとりはしていた。その中で照井氏ご推薦居酒屋情報もチャッカリ聞いていた。
それが「ごんべい舎」というお店である。
店舗は地下なのだが通りから降りる階段は真っ暗で休業かと思った。
しかし店内は大盛況。既に17時より宴会が始まっていて我々は三人なのにカウンター席へ。
少々ホテルの部屋と同じ狭苦しい中、刺身盛りなどを注文。
来る品来る品全て「旨い!!!」の言葉が三者から発せられる。
黒沼氏の言葉「こな美味しいもの食べられただけでも富山に来た甲斐がある」
壁には芸能人のサインが所狭しと貼ってあったので市内でも有名店なのだろう。

19時半過ぎやっと桟敷が空いてそちらに移動。100問の残りを撮影。そしてそのまま
なだれ込むように新コンテンツの撮影を始める。
偶然隣合った新潟在住の青島さん一家、有り難う御座いました。

その後、ホタルイカづくしを堪能して22時過ぎ閉店と同時にお開きに。
お値段はお一人様\8000円ですた。

03/04/19

本日も徒歩で阿佐ヶ谷へ出発。
ハンディーGPSを駆使して今まで最も早い約2時間で到着した。

黒沼氏、競艇のHPの動画サイトを見て、そのあまりにも悪い画質に吃驚していた。
ホントは「黒沼-劇場」の画質が良すぎるのだが・・・。

やきとり「川奈」に移動して100問の撮影。冷凍でない「枝豆」が美味であった。
またGW特別撮影の打ち合わせ。大いに話が弾んだ土曜の夜であった。

03/03/28

徒歩で阿佐ヶ谷へ。
プリントアウトした地図とハンディーGPSを駆使して最短距離を歩く。
いつもより30分早く到着した。
西友にて肌着を購入しT君と待ち合わせて黒沼宅へ。
RealPlaYerの起動障害は原因が分かりレジスト削除して解決。
OS再インストにならずにほっとする。黒沼氏、使わないファイルを自ら削除し出す。
PCに対して能動的な姿を見てカンドーする。

定番「川奈」に移動して100問の撮影。
そして新しいコンテンツを話し合う。これはオモロそうである。さっそく実行に移そうと思う。

03/02/20

本日は15時阿佐ヶ谷改札でT君と待ち合わせ。で黒沼氏宅でPCのお勉強会。

が、とんでもない事に・・・。
部屋に着くと黒沼氏曰く「・・自分のHPの映像が見られなくなった」
確かに映像ファイルのリンクを押してもRealが立ち上がらない。何回かRealONeを再インスト繰り返すが駄目。ウィルスに侵されたか、と検索したが見当たらない。
黒沼氏に良く聞いてみるとRealOneをインストールしようとしてPCに展開中に
ウィンドウの×印を押して強制終了してしまったらしい。
何故そうしたかと聞いたら「・・・DL先が大阪だったのでやっぱり東京じゃなきゃ
マズイかと考えてしまって途中で押した」との事・・・。

その後T君得意のDL専用ソフトで拡張子を変えてやっと再生できることが判明。
ただ黒沼氏にそれを覚えてもらうのは無理だろう。
次回にOSの再インストをする事に決定・・・。

倦怠感と共に「川奈」へ移動。100問はお客さんも少なく絶好調に撮影できる。
この日は何故かT君が酔っぱらった。呂律が回っていない。
長いつきあいだが初めてであった。が何を話したかはこちらも憶えていないのだった。

03/02/18

本日は15時に阿佐ヶ谷の黒沼氏宅に伺う予定だったが
前日に黒沼氏より電話があり明日はCMのオーデションが入ったとの事。
じゃあ同行してそれを撮影するのもオモロイ、となって予定変更。18時に阿佐ヶ谷改札となった。

12時過ぎに渋谷を出発、30分前に到着。スタバにて珈琲飲もうとレジで並んでいたら
横にいるのは黒沼氏、「やあ、奇遇ですね」の挨拶は当然なく、2Fで一緒に席に着いた。
本日は雨も降りそうなのでここでインタビュー撮影することにした。

その後T君と落ち合って麻布十番へ。しっかり雨が降り出した。
駅から15分近く歩いて制作会社のビル前でインタビュー。黒沼氏はオーデションへ。
近くに喫茶店もなく雨宿りしながら待機。T君とWinny談議にお花咲く。

約1時間後、黒沼氏出てくる。淋しい後ろ姿。タクシーで渋谷へ。南口前の「天狗」へ。
が若者の狂騒波状攻撃に遭い生ビール一杯ずつで退散。

で20数年前、黒沼氏がバイトしていた「千両」へ移動。
店内には労働者達の慈しみと憤りが漂っている。塩サバを注文。旨い。
焼酎のウコン割りを頼む。玉露割もある。さすが労働者の店である。

昨年の6月にHPを開設してそろそろ8ヶ月になろうとしている。
これから先の事を話し合って別れる。

03/02/06

10時30分に小田急新宿駅にて待ち合わせ。
本日は沼劇と我が輩、両サイトの撮影で江ノ島へ行く。まずは小田急地下の弁当コーナーへ。
常盤軒の「幕の内二段赤飯弁当」(美味的お品書き帖14)を購入。
東京駅の大丸には白米と赤飯バージョンがあるのだがここでは赤飯バージョンのみらしい。

ロマンスカーに乗って昼過ぎ片瀬江ノ島駅に到着。初めての江ノ島である。
島内をぐるりと一回りしたのだが数匹の猫は見かけたのみ。
各土産屋や民宿で猫を1.2匹世話をしているようだ。谷中の10倍は居る、と聞いたのだが・・。
土産屋で訪ねようとペットボトルを買う。代金は\180。「猫は何処に?」と聞く。
ヨットハーバーの横の公園に一杯いるらしい事を教えてくれる。

公園に行くといるわいるわ。30数匹くらいだろうか。
ネコ缶を開けると飛んでくるのは谷中猫と一緒だが、こちらの方が品がある、と言うか
がっつかない。殺伐さが少ない。顔つきも幾分柔和である。
谷中は場所的に通り道の横なのでいろんな人が通るだろうし警戒も怠れない。
比べてこの場所は奥まった公園だし車も入って来ず、
近くの猫を世話している人達や猫好きな人達しか来ないだからだろう。

17時過ぎに新宿に着いて末広亭横の「庄助」で反省会。ほやポン酢が美味。
次回のコンテンツの話になり大いに飲み食いして11時過ぎにお開き。帰路は千鳥足。
よって二人と別れて自室に戻るまでの記憶がまったくない。・・・m(_ _)m

03/02/04

昼の12時過ぎに渋谷を徒歩にて出発。14時20分過ぎに阿佐ヶ谷に到着。

15時のT君との待ち合わせまでダイエーの食料品売り場をのぞく。
鮮魚が充実している。きりたんぽ鍋セット等も売っていて近くの住民が羨ましい。
結局生ものでない新宿中村屋の「ポーク&プレーン」レトルトカレーを見つけて購入した。

黒沼氏宅でPCのお勉強。MP3やMPEGファイルのDLを披露。段々妖しくなってきた。
その後久しぶりに「かんから」へ。「タケちゃん」という常連さんが18年振りに両親と対面中。
HPのこれからの運用を話し合う。「・・・現る」シリーズをメインにしていく方向にする。
「チゲ」美味しゅう御座いました。「チンジャ」美味しゅう御座いました・・・。

03/01/09

14時に阿佐ヶ谷駅改札に黒沼氏とT君と待ち合わせ。
11時30分過ぎにいつも行く和食屋にて「鯖味噌定食」を食して徒歩にて出発。
ハンディーGPSで確認しながら阿佐ヶ谷を目指すが途中道に迷ってしまい
14時20分過ぎにやっと阿佐ヶ谷到着。渋谷-阿佐ヶ谷間は2Hでは無理のようだ。

馬橋公園にて撮影後黒沼氏宅にて帰郷時のデジカメ画像を見ながらVoice収録。
で定番「川奈」に移ってさらに100問の撮影。前々回、同じ質問を撮影したのだが
マイクが半押しで音声にノイズが入って使えなかった。
「遠距離恋愛」等の話を再度して貰うのは心痛かった・・・。

「黒沼−劇場」、最近飲み屋が舞台のコンテンツが続いている。
そろそろ目先を変えないといけないと考える今日この頃。。。

02/12/24

今日はクリスマスイブ。キリストが生まれた日、かその前日、だそうだ。どちらでも良い。
13時過ぎに日暮里駅にて黒沼氏と待ち合わせ。2つのサイト用コンテンツを一緒に撮影する。一石二鳥、也。

猫缶を大量に購入してネコ共に振る舞う。年に一度のプレゼントだ。狂喜乱舞のネコ共。
最近生まれた子猫を初めて4匹撮影できる。
夏に産まれる子猫違って体毛が多いせいか丸々と太って健康そうだ。この冬は越せるだろう。
本日で今年の撮影は終わり。ネコ共、来年また会おう。

その後日暮里の喫茶店でT君交えてこの後撮影する「黒沼−劇場」のクリスマス用コンテンツの打ち合わせ。
インターネットの巨大掲示板のカキコを朗読する予定だが今ひとつしっくり来ない。
ともかくクリスマスのイルミネーションのある原宿へ行ってみる事となる。
が原宿の有名なクリスマス・イルミネーションはなかった。真っ暗であった。
そう言えば渋滞が激しいので取りやめになったとかの話があったような・・・。

じゃあ渋谷に行こう、となって代々木公園方向へ歩き出すと巨大な電飾クリスマスツリーが建っている。
DCTの前宣ツリーのようだ。黒沼氏が歌詞を読んで気に入ったのでその場で撮影始める。
娘さんの「幸せダヨー」が撮れてOKとなった。この数日間、使えそうなカキコを探し続けていたが
結局は「書を捨て街に出よう」であった・・・。

事務所に戻ってさっそく今撮ったコンテンツを編集・エンコードしてup完了。
で近くの飲み屋、滝乃屋にて忘年会兼撮影。100問を撮り始めるが隣が五月蝿く黒沼氏も輿が乗らない様子。
で途中で止める。やはり100問は「川奈」がベストである。飲み代も安いし・・・。

来年の話となってアジアの某国(関連話が未だup前なので伏せる)への「放浪記」コンテンツの話が出る。
もし実現したらかなりオモロイだろう。仕事のスケジュール調整できればなのだが・・・。

02/12/15

「黒沼−劇場」の撮影で阿佐ヶ谷へ。
黒沼氏はますますインターネットにハマっている。画像の保存、ウィンドウの最小化等を教える。

T君と3人で焼鳥屋「川奈」へ。生ビールとゴーヤ炒め、チキンセット等をたのむ。
腹が落ち着いて100問100答の撮影。しみじみ良い言葉が撮れる。残りは約50問。
100問まで回答し終えてしまうと、この適度に酔っぱらいながら撮影出来る至福の時が
終わってしまう。何か次を考えなくては・・・。

PS
編集時、音声がこもっていて使えない部分を発見。
外部マイクの接続が中途半端だったようだ。「遠距離恋愛」のイイ話がNGとなる。
後日再撮影の予定。・・・残念。

02/12/08

午後1時に黒沼氏と下北沢駅にて待ち合わせ。
今日は「ザ・スズナリ」で公演中の「杏仁豆腐のココロ」を観劇。その前に昼食を食べる。
劇場近くのオープンカフェ風レストランに入ってカレーランチを食する。美々であった。
劇場前に行くと山口から来ている山口太郎氏と会う。故会って仮名。彼とは夏以来である。

観劇後新宿の打ち上げまで時間があったので紀伊国屋近くのマンガ喫茶に入る。
初めて入ったがほとんどネットカフェである。狭い敷居の中にPCやらTVが何列にも並んでいる。
黒沼氏にチャットを教える。黒沼氏、BBSとの違いが分からない。
確かに機能的にはネット上のボードに書き込みが出来るという同じモノではあるのだが・・・。

椎名誠もお馴染みという店で打ち上げが23時過ぎに終わって外に出ると冷たい雨が降っていた。

02/11/10

昼過ぎに渋谷を徒歩にて出発。
予定通り15時過ぎに阿佐ヶ谷駅改札に到着してT君と合流。
電話で黒沼氏と神社での待ち合わせを連絡。途中小腹が空いたのでマクに立ち寄るが
店内に入った途端、あの甘ったるい臭いに降参。何も買わずに外に出る。

神社内の撮影後黒沼宅へ。近くのモスで珈琲とチキンナゲットをつまみに黒沼氏のKB操作の特訓。
日も暮れてそろそろ飲みに行こうとなるが黒沼氏「後、検索エンジンを教えて欲しい」とのご発言。
よしよし、以前に比べてかなり前向きになって来ている。そのうちハマってくれるだろう。

メチャ安い焼鳥屋さんにて飲食。日曜の夜なのにほぼ満席。鳥皮が旨い。
プリントアウトした100問100答を撮影してみる。思っていた以上に面白い。100問全て撮るには
とても時間が足らない。次回に回すこととなる。
その後2日後に撮影する打ち合わせをして10時過ぎ阿佐ヶ谷を後にする。


02/10/12

今日は国府で公演するキッカケを作った弓削さん宅へ伺う。
金氏、鷹氏はここに宿泊させてもらっている。

その後テントに戻りAirHの電波を調べてみると何と繋がってしまう。
HP上ではエリア外なのだが公共の建物なので特別にアンテナが設置されたのだろうか。
こんな事なら今まで昼間の撮影中にup出来ていた・・・。

日が沈んで気温がどっと下がった。国府町での公演初日。
東京・六本木と比べてお客さんの反応が大きい。台詞のひとつひとつがダイレクトに
伝わっている。梁山泊が旅公演の最後に国府に来る理由が理解できた夜だった。


02/10/11

翌朝フロントに事情を説明して道路よりの部屋に変更できないか交渉する。
今日一日のみなら変更可能との事。仕方ない。チェックイン当日に電波チェックするべきだった。

今日の午前中は中屋源兵衛さんの撮影。午後からは舩坂孝幸さん宅へ。
ここで食べたベーコンとヨーグルトはホント旨かった。

夕方ホテルに戻って変更した部屋で電波チェック。128kでは繋がらず32kでかろうじて繋がる。
ホテルで晩飯を食べる。飛騨牛も出て美味しい。一泊二食付きで8000円は安い。

昨日の残りと本日分を編集始める。午前1時近くまでかかる。
サーバーに接続してup始めた状態で就寝する。4時間近くはかかるだろう。


02/10/10

本日から「黒沼-劇場」の撮影。
午後1時過ぎに飛騨国府の次の駅である飛騨古川駅に到着。
国府町内はAhrHのエリア外なので今回は古川町に宿をとった。
駅から歩いて2分の常茂恵ホテルにチェックインする。3泊4日の予定である。
ここはNHKの朝ドラ「さくら」の舞台になった街でもある。
さっそくタクシーに乗って国府町の「福祉の里」へ。田園風景の中に突如紫テントが出現する。
ここで12.13日の2公演を行う。黒沼氏は高山祭りを見に行ったとの事。
座長の金氏に携帯で連絡とってもらい車で送ってもらう。途中金氏にインタビューする。

高山の釣具店で黒沼氏、大久保鷹氏、画家の弓削氏と娘さん達と合流。
弓削氏と鷹氏、金氏は明日の早朝、富山まで行って烏賊釣りを敢行するらしい。
で餌などを求めて釣具店に来ていた。黒沼氏も同行したいらしいが撮影があるので無理。

その後歩いて高山祭りへ。途中鷹氏のインタビューを撮影。
露天が沢山出ている。山車も出ていたが昨日動かしたので本日は止まったままらしい。

夕方テントへ戻る。楽屋の様子や宿泊場所を撮影。途中軽トラックが猛スピードで
敷地内に入ってきて黒沼氏の前で急停車する。劇団員から「源兵衛さん」と親しまれている
近くで農業を営む中屋源兵衛さんである。毎回米や野菜をたくさん差し入れしてくれるらしい。
なので源兵衛さんは公演チケットを買ったのは最初だけ。後は全て物納で済ましている。

夜になり黒沼、金、鷹氏達と古川の桃源郷という温泉に車で向かう。
いわゆる健康ランドである。当方は烏の行水なのだが他のお三方はじっくりゆっくり派。
着替えて外のソファーで待つこと約20分。やっとお三方、湯上がられた。
黒沼氏「いやーホントなら後30分は入っていたかった」

古川の宿に戻りAirHの電波を確認する。が通じない。DDIポケットのHPでエリア情報を確認して
古川駅前のこのホテルにしたのに・・・。
窓を開けてPCを両手で差し出すとギリギリ電波を拾っている。が、この体勢では操作不可能。
通りから奥まった部屋なので電波が微弱なのだろう。
結局この日は編集だけしてup出来ず。


02/09/08

夕方17時に六本木、俳優座裏の校庭に到着。
「吸血姫」の本番初日である。19時の開演を前に当日券を求める客が既に来ている。
A女史、M女史と撮影場所位置などの打ち合わせ。軽い夕食をとるためモスバーガーへ。
数年振りに食べたテリヤキバーガーは非常に美味しかった。

19時より公演開始。途中10分の休憩を2回はさんで終了は10時20分過ぎ。
三脚を持たずに撮影したので両腕が疲れ果てる。
その後車座になって初日の打ち上げ。このスタイルは梁山泊15年前から変わらず。

黒沼氏は「ウルトラマンコスモス」に出ている女優の坂上香織氏とずっとツーショット。デレデレである。
今日は「吸血姫」の作者である唐十郎氏も観劇して少し離れた場所で演出の金氏と飲んでいる。
黒沼氏に「挨拶に行きましょう」と誘うのだが「イヤー」となかなか動こうとしない。
結局最後は見ての通りチャンチャンとなったのだった。

24時近くに黒沼氏は坂上氏を校庭の出口まで送っていった。フェミニスト・黒沼、であった。

黒沼氏にインタビュー。「・・・唐さんに今日の演技、見てもらえて長年の肩の荷が下りた」
事の次第は知るべくもないが、染み入る言葉であった。


02/09/04

朝9時より六本木・旧三河台中学の校庭へ。
9/8-14まで新宿梁山泊第28回公演「吸血姫」に客演する黒沼氏の撮影。(公演詳細
蒸し暑い中、汗まみれ埃まみれになって紫テントの鉄柱を組み立てている。
この劇団とは15年前の旗揚げ公演をビデオ撮影した時以来のおつきあい。久しぶりに挨拶を交わす。
みなさんそれぞれ年月を重ねておられる。守珍氏の相変わらずの怒鳴り声が懐かしい。
午後より仕事なので、組み立て終了までの撮影は叶わなかった。


02/08/20

午後6時半に中央線阿佐ヶ谷駅改札にて黒沼氏とT君待ち合わせ。
最近趣味が散歩歩きなので渋谷から阿佐ヶ谷目指して歩く事に。2H30Mかかって到着。
さっそく「かんから」へ。本日のお題は「初めてのカキコ」。黒沼氏は今年2月にPC設置
したのに未だネットしようとしない。その説得も含めての飲み会&コンテンツ撮影。
で結局は渋々ネット加入を了承してもらった。やはりHP当人がネットしてないのはダメダメだろう。

黒沼氏、携帯買い換えたらしく「写メール」で当方の写真を撮りまくる。
「・・・いいモノ見せましょうか」と言って携帯を操作。が、しばらく時間がかかりそうなので
T君と談笑。忘れた頃に「ホラホラ」と携帯で撮った画像を見せてくれる。
「坂上香織ちゃん、色っぽいでしょ」元アイドル歌手で現在は女優さんのイイ画像が・・・。
本人の承諾を得られないので撮影できなかったがかなり良かった。
で代わりにこちらをリンク

で23時頃お開きに。帰りは電車に乗って30分で帰ったのだった。


02/07/09

午前11時に阿佐ヶ谷駅にて黒沼氏と待ち合わせ。駅前のロッテリアでさっそく打ち合わせ。
前日までFAXでこちらの意向等を送っていたのだが、あまり乗り気でない様子。
で、予定を全て止めて急遽多摩川競艇に行くことになった。

賭け事はしないので競艇場に行くのは生まれて初めて。この年になって未知の体験だ。
久しく忘れていた殺伐とした雰囲気。一レース終わる度に聞こえて来るため息・・・。
20代の頃に感じていたヤケクソの感情が甦って来る。
途中から九十九(つくも)氏、塩山氏が合流。最終レースは3人みんな取って競艇場前の飲み屋へ。
店員は高齢者が多いが、競艇場の開設時間に準じて営業しているので
閉店時間は19時くらい。健康的な飲み屋だ。ここの煮込みは旨かった。

帰りの中央線、片手に予想紙持って次回のレース談義に高ずる三人と
それをデジカメで撮る計四人の酒臭い中年男の集団を
車内の人たちはどう思っていたか考えると、何故か心が躍ってしまうのだった。


02/06/19

梅雨の間の晴れの日、三つ目のサイト「黒沼-劇場」の撮影。
今回の一本目をどうするか色々と考えた。新宿の喫茶店で黒沼氏とも話し合ったが
明解な方向性が出ず、だった。じゃひとまず「途中下車の旅」で行きましょうとなった。

昼食はアルタ裏の「レンガ屋」と言うステーキ屋に行こうと思ったが無くなっていた。で近くの洋食屋へ。
ロールキャベツが有名らしく初めて食べた。マアマアだったが白飯とシチュー風ロールキャベツ2つのみ。
せめてスープかサラダくらい付けて欲しかった。

昼のゴールデン街を横切り花園神社に行くと偶然唐組の赤テントが建っていた。
で代々木上原へ。最近は散歩コースになっている。八幡を通ってムネオ逮捕のTVを見る。
夕方に黒沼氏は梁山泊のM女史、A女史と渋谷で打ち合わせで本日終了となった。



Free to Link
Copyright (C) 2002, zeicompany. All rights reserved.